So-net無料ブログ作成

旅行記再開にあたり... [DCL Disney Magic 2013]

わざわざ記事するのもどうかと思いましたが、
やはりここはケジメをつけておこうと書いておこうと決めました。

2013年から2014年のカウントクルーズの旅行記の途中ですが、
そこに一緒にいくはずだったアメリカの叔母が旅行の2週間前に吐血して急遽入院、
4ヶ月の闘病の末、最期はホスピスにて4/2その生涯を閉じました。

話は遡ること2011年にドリーム号のバハマクルーズに行ってたのしかったので、
2012年のカリフォルニアコーストのクルーズに予約をしたものの、
出発前日にパスポートの期限が切れていたためにまさにドタキャン!
私は人生初の一人海外をクルーズで過ごすはめになってしまいました。
でも本人はそれがとっても悔しかったらしく、絶対にもう1回乗りたいと話してました。
年齢やお金の面もあって親戚中の反対にあったのですが、
最後だから...ということで費用は全面的に私がもって、本人の負担はほとんどありませんでした。
当初は10月のハロウィンクルーズにして、アナハイムにいく予定だったのです。
そこで最後だしと思って、グラカリのスィートを予約して豪勢に最後の一緒の旅にするつもりでした。
インターネットがみれないため、いつもブログ記事を印刷して送ってくれと言われていたのですが、
そんなの面倒だったので断っていたのですが、内緒で今度はブログ記事を本にして送るつもりでした。

でも、日程的に上司に反対されてしまい、譲歩するにあたって年末年始の休みにかえたのでした。

そして結局は行けなくって....
いまとなると、「もしあそこで絶対にハロウィンに行くと決めていたら一緒にいけたはずだ」
上司になんと言われようと我慢して、頑張ればよい思い出が出来たのではなかろうか?
なんで妥協してしまったのだろう。なんであの時...とか後悔でいっぱいです。

身内で近ければ近いほど、どうしてあの時あんなこといってしまったのだろうと思ってばかりです。
とはいえ、なかなかスムーズに決まらなくて喧嘩ばっかりで、話すのもうんざりのときもありました。
国際電話だったので料金や時差もあって直接はなすのはなかなか難しくて、
実はさいごに話せたのは10月でした。あとはFaxとかおばの友達にメールを送って伝言を頼んで。

その最後のときに「私のこと悪くいうけど、そんなに悪い人じゃないのよ、大丈夫なのよ」と、
なんか不覚にも涙が出てきて、やっぱり血の繋がった人なんだなーと安心したものでした。
でも旅行の1ヶ月前にぎっくり腰になって「やっぱり行かれな~~~い」とか言い出して、
またかよーとか思っていたのですが、ほおっておいたら1週間たったら「やっぱ行くわ」とかコロリと。
でもそんな際に、吐血と下血してショック状態になったのですが、
なんとか自力で911をして救急車で運ばれたのでした。「どうしても和子と旅行にいかないと」

入院時はたしかに重症でしたが、輸血で乗り越えてそんなに悪いとは夢にも思っていませんでした。
ちょっと入院したら、体力もあるから回復するものだと思ってました。
でもここでは書けないようなことですが、ある事情からややことしいことにもなっており、
直接はなすことは避けておりました。でもいつか話せると思っていたのです。「びっくりしたよー」って。
でも、不摂生な生活は確実に体を蝕んており、余命宣告ははやくうけておりました。
夢の世界にいることが多くなってしまい、はなすことは難しくなってました。

おばの友人とメールのやりとりをしていたので、近況は知ることは出来ていたのですが、
ホスピスにいってからは、完全に夢の世界でした。好きなものだけ食べて....どんどん痩せていって。
友人がなにか飲みたいか?と聞いたら、「和子が買ってきたものを持ってきてちょうだい」
本人のなかでは、自分はちゃんと私とカウントクルーズに行って、
その時に倒れてしまって病院に付き添ってきて私はそばにいるみたいで....

その話をきいてしまってから、クルーズの話をかくことができなくなりました。
というか、クルーズの話題が悲しくなってしまってました。。
前回までの記事は3月中に書いてたストック分です。なので叔母の死以降、
クルーズに関することは、必ず思い出してはひくひくしてました。
でもでもでもでも、本人は夢のなかでクルーズには行けたし、
私自身もこの前のカウントクルーズだって最高に幸せな時間だったし、
と時間が過ぎるのを待って、そして次回までに終わらせたいのもあるし...

そんなわけで感傷にひたる文章はこれきりにして、いつもの調子でクルーズの旅行記を続けたいと思います。
正直たのしすぎておばのことは忘れてばかりでしたが、
時折、思い出していたのですが、それもありのままに書いていこうと思います。
故人を悪くいうなってありますが、悪くいうときもきっとあるはず。。きっとそれが私らしいのでしょう。

そんなわけでまたまたよろしくお願いいたします。
叔母だったけど、姉のような、友達のような、そして母親のような存在だった博子おばちゃんへ。
今日は母の日だし。

とはいえ、書き始めるだけなので、公開はちょっとたまったらにいたします。学会もあるし。

【追伸】
クルーズでお友達になった方と無事に連絡がとれました!!
うまくいけば今日会えるはずです~~~!よかった☆なんだかとってもマジカル♪



メール Web拍手

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

トラックバック 0